Home > 2007年02月

2007年02月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

近頃のフレッシュ・フルーツ(2/28)

CIMG1293.jpg


あまりにも情熱溢れんばかりに真っ赤に燃えていたので、久しぶりのネタ・ケースの写真を撮ってみました。

手前が高知産の完熟マルトマト。味が濃ゆいっ!

奥が松山産の完熟トマト。無駄毛の処理したくなるほどに産毛たくさんのジュウシィな子達です。黄色のアクセントは完熟金柑。

続いてネタ・ケース内手前が青森産の林檎。あんまーいです。

そして奥が愛媛産苺。そろそろ本番です。甘酸味、香味全てのバランスが良いので大人気です。

自虐

いつも独創にお見えになるお客さまの反応には2タイプございまして、「いつ来ても暇だねぇ~」と仰る方と「いつも一杯だねぇ~」と仰る方です。どちらが正解なのかと申しますと、

CIMG1292.jpg


なわけです。ええいっ!あまりにもマヒマヒなので、カウンター内から適当に写真撮ったったりました。私のバーマン人生始まって以来の有り得ない日々が続いています。といっても凹んでいてもしょうがないので、読書をしたり、試作をしたり、ネットでうろうろしたりしています。

とりあえず次のお客さまがお見えになったら「さっきまで満席で大変だったんです!」と言ってみるとしよう。

B.J.Holladay

久しぶりに“ひげおやじ”ことB.J.Holladayが開封しました。今回のボトルは'87ボトリングで、前回の'90ボトリングとラベルが微妙に違います。並べてみるとよくわかりますが、セピアなラベルだったのがモノクロになっていて、文字の配置やネック、封蝋の焼印なども微妙に違います。理由はわかりませんが、造っているところは変わらずMissouri州のMcCormickです。顔は相変わらずコワいのですけど、味わいも相変わらず美味いです。

CIMG1289.jpg CIMG1290.jpg CIMG1291.jpg

椿まつり

土曜日から地元の春まつりである「椿まつり」が始まりました。地元では「椿さん」と親しみを込めて呼ばれています。この椿さんの間は寒くなるといわれていますが、初日土曜日は本当に寒かったです。もちろん今日もかなり寒いです。気温の変化の激しい今日この頃、皆さま風邪にご注意くださいませ。

ちなみに椿さんは旧暦正月8日を例祭日として、前後日を含めて3日間斎行されますが、その間の参詣者は約50万人なんですって。松山市の人口とほぼ同じです。

そんなわけで、週末にもかかわらず独創はまったりでした。神様には敵いません。恐らく本日(日)と最終日(月)は……。恐ろしいので想像もしたくありません。

Booker Noe's

胃腸薬、風邪薬、栄養ドリンクの日々を終え、毎年恒例、私の敬愛して止まないBooker Noe氏の命日である2月24日に、彼が造っていたであろうBooker Noe'sを仕事明けに開封し、追悼を兼ねて飲酒生活復帰です。

CIMG1284.jpg CIMG1285.jpg CIMG1286.jpg


今回は'87-'94の7年物。恐らくこのラベルでの最終ボトリング?デビューしてから熟成年数の異なるBooker's、Booker Noe'sの2種だったのが、これ以降でBOOKER'Sの1種になり、ラベルの字体、味、共に野太くなっていくのでした。

ここ最近観たもの



オペラえひめの第3回定期公演『こうもり』のゲネを、とあるマエストロなお客さまのご好意で観させていただきました。本番ではないので感想はなし。初めてオペラを観劇したお客さまから伺った話では、本番は満員だったとか!とても楽しく身近に感じられたそうです。この小さな芽を大切に育てて、当たり前に楽しい地元のオペラ公演が根付いてほしいものです。

翌日、久しぶりの『ライオンキング』です。深水スカーと中嶋ティモンがサイコー。あとはちょいと……だったけど、数年ぶりの観劇に感激なのでした。ザッツ・エンターテインメント♪

「ルパンが吹きたい」という理由だけでヤマハ音楽教室に通い始めたお客さま。そしてその定期発表会を聴きに行きました。すげー!ちゃんと音出てました。失礼?

楽しみにしていた『DREAMGIRLS』は、もともとブロードウェイ・ミュージカルで大ヒットした作品。Diana RossとThe Supremesがモデルの実話ベースのお話。Jennifer Hudsonが前評判どおり完全にBeyoncé Knowlesを食っています。これからも楽しみな女優そして歌手です。

てな感じです。もうね、雑食です。

すいません

18日のエントリー削除してしまいました。

18日19日

ブログ・ネタとしては十分の2連休だったのですが、お陰さまで課題をたくさん見つけてしまい、それどころではなくなってしまいました。

実は最近自分自身に迷い、ぶれが生じてきたので答えを探しにとあるBARへ。そして田舎のアマチュアっぷりに憤慨しながら、ここ数年で自分自身がアマアマになっていたことを自覚。ここでのとある方々との出会いと再会がなかったら、きっとウワベだけしか得られなかったと思います。謝謝

のだめカンタービレ #17

のだめカンタービレ #17 (17) のだめカンタービレ #17 (17)
二ノ宮 知子 (2007/02/13)
講談社

この商品の詳細を見る


漫画バー?に新刊入荷済みです。今回の表紙の楽器はテューバです。私も子供の頃、ユーフォニウムやテューバを担当していたことがあるので懐かしい!もちろんニールセン交響曲第4番<不滅>~消し難きもの~なんて演奏したことないですけど。(ここを訪問する方でご存知の方がいらっしゃるかどうかわかりませんが、「惑星レグニッツァの戦い」で聴いたことある方、貴方は私ですか♪)

ただ16巻で、テューバ奏者が楽しそうにしていた気持ちがよくわかるので(それくらい活躍する曲は限られるのよね)17巻の最初からこの曲だし、思わずテューバのアップを探してしまいました。(結局ストーリーには関係ないのでアップは1コマだけでした)

この曲ものだめの効果で流行るとテューバ・ファンとしては嬉しいんだけどなぁ。

修道院の霊薬

CIMG1261.jpg


できればお出ししたくない一品ではあるのだけれど、どうしても出さずにはいられぬほど憔悴していた、ここ数日有り得ないほどお仕事が忙しかったお坊さまへの、最後の一品。

春一番

昨夜から今日にかけて生暖かくて風が強くなったなぁと思っていたら、春一番でした。

今年は冬らしい日もほとんどなく、なんか不思議な感じです。結局Hot Cocktailもほとんどつくっていません。

恐らく冬が来ないままに春を迎えるのでしょうね。私は暑い夏も寒い冬も好きではなく、過ごしやすい春や秋が好きですが、夏や冬があるからこその春や秋なんだと思うのですが。

一方、お店は厳寒の平日と猛暑の週末といった感じです。こちらに関しては、できれば日々心地良い春と秋だけであってほしいなぁ、なんて思う今日この頃。

七三

昨日、私はすきっ腹でビールをいただいたので、軽く二日酔いだったのですが、朝からきっちり仕事を勤めて、独創開店と共に仕事明けの一杯を飲む七三の彼女は素敵でした。これが若さ故というものなのでしょうか?ちなみに画面のビールはスターターにはピッタリなVanSteenberge醸造所のCELIS WHITEです。

CIMG1257.jpg


私より10年後に生まれた彼女と今日は少しだけしんみりとしたお話。だけど飲みっぷりは相変わらず素敵です。

CIMG1259.jpg

七三と六四

まったりとした連休最終日。こんな日は決まってプチ宴が始まります。

CIMG1253.jpg


ダブル黒ニットの七三分けと六四分けの女子2人。最近ハマリ気味のベルギー・ビールは画面左がDupont醸造所のCervesiaで右がVerhaeghe醸造所のDuchesse de Bourgougneです。

右は小瓶もありますが、今回はどちらも750mlのボトル。2人ともよく飲み上機嫌ですが、七三分けは今月で松山を去り、実家に戻ります。寂しいですが、そんな季節ですね。それまでに何本の大瓶を空けることやら……。ちなみに銘柄によってはマグナムも用意していますので、ご希望の方はひと言どぉぞ。

愛媛輸入車ショウ2007

ehimeimportcarexhibition2007.jpg


11日、12日とアイテム愛媛で輸入車ショウが開かれています。松山の飲食店が中心になったナモシプロジェクトもフード・ドリンクの店舗を出展していて、私も10日に機材搬入&設置のお手伝いに行っていたのですけど、ちょうどブースの前から右に向かってFerrari 599GTB Fiorano、Lamborghini Gallardo&Murcielago LP640、そして(たぶん)BENTLEY Continentalとまぁ、地元松山価格では土地込み一戸建ての住宅価格の車たちが団地を形成していました。

私も一応輸入車オーナーなのですが、10年選手のFIAT Pandaですので、バンパー代にもなりません……。もちろん、住宅価格ではない輸入車もたくさん展示されていて、ちょいと浮気をしそうになってしまいました(Panda君ごめんっ!)

輸入車購入に現実味のある方、そしてそうでない方も、輸入車に興味のある方は如何でしょうか?もちろん、うちのスタッフもいろいろとノン・アルコール・カクテルを創ってますしね。

スーパーカー世代の私としては非常に楽しかったです、お仕事で行ったはずなのですけどね……。

ハクナマタタ

いろいろ書いていたら毒が蔓延してきたので全て削除っ!

タイトルは“スワヒリ語”で、“スペイン語”だとたぶんケセラセラ、“うちなーぐち”だとなんくるないさぁ。

まぁそんな時もあります。コレでも観て再来週のための予習なのだ。

ジョーズ猫

日々ほっこりとして過ごしたいのだけれど、たま~に毒毒しくなってしまうときもあるものです。

大体は翌日には忘れていたり、小さな幸せで浄化されたりしているのですが、小さな幸せが足りないと毒が体中に蔓延してしまうこともあります。

そんなときにお酒で解決しようとしても解決になりません。だって毎日お酒に囲まれて生活しているんだもの、エライコトになってしまいます。

今日もそんな日でした。というわけで小さな幸せ求めて三千里……。

で、ジョーズのBGMがおどろおどろしいコチラで癒されてしまいました。音声付きでもうたまりませぬ、明日は愛しの華ちゃんに会いに実家に帰ろっと。


酒とつまみ

時間が空いた時にPC前にいることの多い私ですが、世間一般のニュースやお酒屋さんの新入荷情報、そして私のようにバーマンが書く日記、ブログを、日課のように拝見させていただいています。

今日も色々と読んでいると、何やら懐かしい(というか私が忘れていただけなのですが)雑誌について書かれていました。

「酒とつまみ」というその名の通りの内容の雑誌です。といっても小さなところで小部数発行されているだけで、しかも内容も(褒め言葉として)おばかなまでに飲兵衛にこだわっている、いわゆるB級な雑誌な訳です。

発行当初、どこかのBARで見かけて創刊号から購読していたのですが、定期購読をしてなかった上に、季刊といいながらずるずると発行が延びていたため、2年ほど前の引越の際に私の記憶からも置き忘れ去られていたようです。

気がつけばもう9号まで(少なっ!)出ています。在庫を見ると7号が在庫なしのようですが、他の号は在庫があるみたいなので、揃えてみようかしら。

独創はどちらかというと、少しすましたお高級なイメージのあるBARなので似合わないかもしれませんが、基本B級の私としては大好きなジャンルですので、こそっと近日入荷予定です。

Joshua Brooks

CALIFORNIAのSAN JOSEでボトリングされているバーボンで有名な銘柄といえばこれでしょう。

CIMG1248.jpg CIMG1247.jpg CIMG1246.jpg


Joshua Brooksです。over 15 yearsとover 16 yearsが'90年辺りに発売され、数年前にも8年が発売されていました。当店で現在取り扱っているのは、最も多く出ていたであろう15年です。115 Proof(57.5度)という強烈なアルコールと熟成年数からするとかなりお買い得で、味わいも中々の飲み得感のあるバーボンです。

8年になると、いまごろになって何故出たの?という特になんてことないお酒になっています。で、16年ですが、恐らくファースト・ロットだったのでしょうか?本数も少なかったのでしょう。あまり見かけませんが、ファースト故の?出来の良さは別格です。しかしながら、希少品の価格高騰は世の常。現在は値段も素敵な具合です。

ともあれ、バーボンらしいバーボンですので、HH原酒が好きな方にはかなりのお勧めです。

BARRETT'S

先日のエントリーで書いておきながら、そういえばご紹介していなかったお酒です。

CIMG1244.jpg CIMG1245.jpg


赤いの(通称シャア専用)と黒いの(ドム)が開封されていますが、世間には青いの(グフ)もあります。それぞれ12年、20年、そして21年物です。

ボトリングはCALIFORNIA州なので、たまに見かけるSAN JOSEのところなのでしょうか?詳細はよくわかりません。蒸留はPENNSYLVANIAというのが、マニア心をくすぐります。一説ではボトリングされた時期から、あそこが傾いた時の借金の形に取られた原酒をとあるところがボトリングした、とも言われています。

それはさて置き、いや、それも含めて、いろいろなバーボンを飲み尽くしたバーボン好きには試していただきたい銘柄です。今までに飲んだバーボンとは明らかに一味違うところに気づいたら、立派なバーボニアンです。

店休日のお知らせ

時期というのは重なるもので、最近ちょいと古めの素敵なお酒がとととんと空いてしまいました。

私としては今月は極力発注を控えていこうという消極的な予定だったのですが、見事に覆されてしまったわけです。

さーて、どうしましょ。なんか素敵なお酒ないかしら?

という長い前振りは置いといて、店休日のお知らせです。

独創は2月18日(日)19日(月)を店休日とさせていただきます。ご了承くださいませ。

実は、同日にWhisky Magazine LIVE!なる催しがTokyo Big Sightで開催されるので行こうかなと思っていたのですが、止めました。ですがエア・チケットは取っていたので、ウィスキー好きの私ですが、ウィスキーの祭典には行かずに、オルセー美術館展ライオン・キングを観てきます。

オルセー美術館展は、神戸展のときに時間が作れなくて行けなかったので、東京展の期間に行くことができて良かったです。

ライオン・キングは3回目ですが、前に観たのは何年前だったかな?キャストとかもうさっぱりわからないのでとても楽しみです。

で、ウィスキーなくなっているのに入荷はどうするのかですって?

ちょうど親しくさせていただいているバーマンが新店舗をオープンさせてらっしゃるはずなので、ちょいと古めの素敵なお酒(いや、彼のお店はかなり古めのやばいお酒かな?)を私がたくさん飲んできます。

では、石を投げられないうちにこの辺で。

めがね2号

早い時間に初めてやって来たお客さま。その男は開口一番「JACKをストレートで」と一言。

仰せの通りにお出しして、ちょいと目を離してからその男のグラスを見るとすでに空っぽ。

「おかわり」とのことだったのだけど、自宅でもJACK DANIEL'Sばかり飲んでいるらしいので、折角だから何か普段飲まない物をということで、私の最も好きなバーボンの1つであるOLD GRAND-DAD 114 ('81)をお出しする。

「甘いねぇ、ブランデーみたいだよ。JACKみたいに辛いのない?」と一言。私からするとJACKもある意味甘いのだが……。(余談ではあるのだけど、JACK好きはDAD好きの確率が高く、どちらも甘いから好きとか、辛いから好きとか、感じ方は人によって正反対になることが多い)

で、やはりすぐにグラスが空いたので、同じくハイ・プルーフ物で、確か以前Blanton'sが好きだと言っていた気がするので、同じ原酒のStone Castle#3をチョイス。

「もっと辛いのを」というオーダーから、反則なのだけどBARRETT'S 12年をお出しする。

「これ辛いねぇ!良いよこれ、これはクイッとはいけないなぁ」とのこと。やはりこの方向だったか、ちっ!好みが似ていやがるぜ。それでもサクッと飲み干してしまいやがる、なんて奴だ。

そして「最後に1杯」ということで、少しだけ熟成感が増して甘さのあるBARRETT'S 20年をお出しする。

私のような眼鏡を掛けたこの男、同行してきた嫁さんからすると、私とそっくりらしい。(と言った瞬間にこの男と私から「似てないっ!」と攻撃される)

飲みっぷりも私と同じ。さすがは学生時代にアルバイトをして初めて手にした給料で買ったのは、当時まだ高級品だったJACK DANIEL'Sだけのことはある。(ちなみに私はWILD TURKEY 8年)

共に杯を交せば、どちらもかなりの負けず嫌いであるから、どちらかが飲み潰れるまで飲み続け、最後はいつも喧嘩になる。

似ているようで似ていないはずのこの男、さすがは我が弟である。

Line Rider

line.png


むき~っ!こんなことやってるヒマないはずなのですよっ!!

まぁ、そんな時期もあるってことです。

モアイまわし

moai.gif

♪音が出ますのでクリック注意♪

仕事明けにネット上をうろうろしていたら、ついついハマってしまいました。そんなヒマないハズなんですけど……。

私のあたまの中でピコピコ音♪が渦巻いております。

ドスを効かせて『モアイまわし』と言い出したら中毒症状かも。

自販機面がクリアできませぬよ!

ウィスキーとざくろのカクテル

CIMG1189.jpg


昔は近所の軒先にあったざくろ。最近はフルーツとして定着しているアメリカ産が小売店に並んでいます。少し時期が遅れて原産地でもあるイラン産も並ぶかもしれません。国産の出荷はかなり少量らしいです。アメリカでの収穫は8月から12月くらいまでで、日本の小売店に並ぶのは1ヶ月くらい後の期間でしょうか。もう最終出荷かな?と思いながら、まだ店頭にあるのでついつい買ってしまいます。

写真のカクテルは、バーボン・ウィスキーとざくろのカクテル。低アルコールのカクテルの紹介が続いたので、たまにはしっかりとアルコールを感じるカクテルの紹介です。もちろんアルコール低めのカクテルもお出しできますよ。

Home > 2007年02月

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。