Home > スポンサー広告 > めがね2号

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

Comment Form

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://millevaguethree.blog43.fc2.com/tb.php/239-1abd8685
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from 独創ブログ

Home > スポンサー広告 > めがね2号

Home > お客さま > めがね2号

めがね2号

早い時間に初めてやって来たお客さま。その男は開口一番「JACKをストレートで」と一言。

仰せの通りにお出しして、ちょいと目を離してからその男のグラスを見るとすでに空っぽ。

「おかわり」とのことだったのだけど、自宅でもJACK DANIEL'Sばかり飲んでいるらしいので、折角だから何か普段飲まない物をということで、私の最も好きなバーボンの1つであるOLD GRAND-DAD 114 ('81)をお出しする。

「甘いねぇ、ブランデーみたいだよ。JACKみたいに辛いのない?」と一言。私からするとJACKもある意味甘いのだが……。(余談ではあるのだけど、JACK好きはDAD好きの確率が高く、どちらも甘いから好きとか、辛いから好きとか、感じ方は人によって正反対になることが多い)

で、やはりすぐにグラスが空いたので、同じくハイ・プルーフ物で、確か以前Blanton'sが好きだと言っていた気がするので、同じ原酒のStone Castle#3をチョイス。

「もっと辛いのを」というオーダーから、反則なのだけどBARRETT'S 12年をお出しする。

「これ辛いねぇ!良いよこれ、これはクイッとはいけないなぁ」とのこと。やはりこの方向だったか、ちっ!好みが似ていやがるぜ。それでもサクッと飲み干してしまいやがる、なんて奴だ。

そして「最後に1杯」ということで、少しだけ熟成感が増して甘さのあるBARRETT'S 20年をお出しする。

私のような眼鏡を掛けたこの男、同行してきた嫁さんからすると、私とそっくりらしい。(と言った瞬間にこの男と私から「似てないっ!」と攻撃される)

飲みっぷりも私と同じ。さすがは学生時代にアルバイトをして初めて手にした給料で買ったのは、当時まだ高級品だったJACK DANIEL'Sだけのことはある。(ちなみに私はWILD TURKEY 8年)

共に杯を交せば、どちらもかなりの負けず嫌いであるから、どちらかが飲み潰れるまで飲み続け、最後はいつも喧嘩になる。

似ているようで似ていないはずのこの男、さすがは我が弟である。
スポンサーサイト

Comments:0

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://millevaguethree.blog43.fc2.com/tb.php/239-1abd8685
Listed below are links to weblogs that reference
めがね2号 from 独創ブログ

Home > お客さま > めがね2号

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。