Home > スポンサー広告 > ル・コルビュジエ展:建築とアート、その創造の軌跡

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

本命は彼 URL 2007-06-25 (月) 01:32

コルビジェ、、に限らず
建築家って 絵心が当然ありありの人種。
彼の絵も 展示してあったのでしょ、、。
そこには 興味津々。
図録、、お店にあるのですか?
あるのなら 今度 拝見しよっと。

2007-06-25 (月) 01:35

このコメントは管理人のみ閲覧できます

店主めがね URL 2007-06-25 (月) 02:10

これだけ買ってませーん。だって図録っぽくなかったんだもん。

前半は絵がたくさんありましたよっ!そして彫刻も。で、そのことを書こうかなと思っていたのだけど、かなり長そうになってエントリー焦って忘れてました。すんません、やっつけのエントリーになってます。

絵は初期の物から後期の抽象性の高いものまで、建築と交互に展示され、その関連がよく見て取れました。

ただ、表現に制限のある建築をしている方だからか、絵画にも、そのモチーフはダイナミックなんだけれども、ある一定の規律の基に描かれていて、何となく堅苦しく感じました。

でもこれは裏を返せば、他の抽象とは一味違うル・コル独特なものですね。本人は建築家としてだけでなく、画家としての俺を評価しろ、みたいな感じだったようですが、それにはまだまだ年月が掛かるんだろうなぁ。

うーん、やっぱりも一度観に行くかも。

URL 2007-06-29 (金) 02:38

最近の展覧会は楽しいものが多くて目移りしますね。
キュレーターにも新しい風が吹いているのでしょうか。

しかしユニテに書いてあったモデュロール(人間主体の尺度)の基準身長が「男性182.9cm」にちょっとのけぞりました。
そこを基準に据えますか。

相当数の日本人男性がふるい落とされますなあ・・・。

店主めがね URL 2007-06-30 (土) 12:42

それは私に言ってるんですかわたしにたいしてわたしに……

Comment Form

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://millevaguethree.blog43.fc2.com/tb.php/344-f46c57d2
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from 独創ブログ

Home > スポンサー広告 > ル・コルビュジエ展:建築とアート、その創造の軌跡

Home > 雑記 > ル・コルビュジエ展:建築とアート、その創造の軌跡

ル・コルビュジエ展:建築とアート、その創造の軌跡

上野から六本木に移動して森美術館で開催中のル・コルビュジエ展を観てきました。

Le Corbusier(るこるびゅじえ)といえば、Frank Lloyd Wright(ふらんくろいどらいと)、Ludwig Mies van der Rohe(るーどう゛ぃひみーすふぁんでるろーえ)と共に近代建築の三大巨匠ということ以外は、カッシーナのソファくらいしか知らなかったんですけどね。

たまたま某建築史家(趣味:逆立ち)の秘書から「チケットあるよん」と連絡があったので、気楽に観に行ったのですが、これが結構良い感じ。知ってはいけない世界の知識を増やしてしまった感じです。

展示内容は、美術作品とアトリエの再現、建築作品と図面、模型、そして建築空間(マルセイユのユニテ・ダビタシオン、カップ・マルタンの休暇小屋)の再現がなされていて、その中に入って感じることができ、DVDによる映像スペースではカッシーナのソファに身を任せてゆったりと鑑賞できます。

これがもう、なんともいえない幸せ。時間さえ許せばいつまでもソファに身体を預けていたかったのですが、DVDをまともに観ると恐らく4時間コースのため、後半は閉館時間になってしまい、駆け足の鑑賞となりました。

9月24日まで開催されているようなので、機会があればもう1度余裕を持って行きたいですね。
スポンサーサイト

Comments:5

本命は彼 URL 2007-06-25 (月) 01:32

コルビジェ、、に限らず
建築家って 絵心が当然ありありの人種。
彼の絵も 展示してあったのでしょ、、。
そこには 興味津々。
図録、、お店にあるのですか?
あるのなら 今度 拝見しよっと。

2007-06-25 (月) 01:35

このコメントは管理人のみ閲覧できます

店主めがね URL 2007-06-25 (月) 02:10

これだけ買ってませーん。だって図録っぽくなかったんだもん。

前半は絵がたくさんありましたよっ!そして彫刻も。で、そのことを書こうかなと思っていたのだけど、かなり長そうになってエントリー焦って忘れてました。すんません、やっつけのエントリーになってます。

絵は初期の物から後期の抽象性の高いものまで、建築と交互に展示され、その関連がよく見て取れました。

ただ、表現に制限のある建築をしている方だからか、絵画にも、そのモチーフはダイナミックなんだけれども、ある一定の規律の基に描かれていて、何となく堅苦しく感じました。

でもこれは裏を返せば、他の抽象とは一味違うル・コル独特なものですね。本人は建築家としてだけでなく、画家としての俺を評価しろ、みたいな感じだったようですが、それにはまだまだ年月が掛かるんだろうなぁ。

うーん、やっぱりも一度観に行くかも。

URL 2007-06-29 (金) 02:38

最近の展覧会は楽しいものが多くて目移りしますね。
キュレーターにも新しい風が吹いているのでしょうか。

しかしユニテに書いてあったモデュロール(人間主体の尺度)の基準身長が「男性182.9cm」にちょっとのけぞりました。
そこを基準に据えますか。

相当数の日本人男性がふるい落とされますなあ・・・。

店主めがね URL 2007-06-30 (土) 12:42

それは私に言ってるんですかわたしにたいしてわたしに……

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://millevaguethree.blog43.fc2.com/tb.php/344-f46c57d2
Listed below are links to weblogs that reference
ル・コルビュジエ展:建築とアート、その創造の軌跡 from 独創ブログ

Home > 雑記 > ル・コルビュジエ展:建築とアート、その創造の軌跡

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。